カテゴリーアーカイブ: 冷え性チェック

今日はバレンタインデーですね。 アイは決して絶えることはない。 聖書の言葉の一部です。 しかし人のアイ(目)は失明という名で 絶えることがあるのです。 失われた視力や視野は回復することはありません。 60歳以上の視覚障害の原因の一位は 「加齢黄斑変性」です。 視野の中心が黒ずんだり、ものが歪んで見えたりする病気です。 片目ずつ進行する特徴があるので、気づきにくいというのが 早期発見を難しくしていま…

続きを読む

手帳は何を使っていますか? この2年バレットジャーナルを書いています。 お客様から教えて頂いてやり始めました。 アウトプットに丁度良いツールです。 気に入ったノートを1冊買ってきて、日記やタスク等 自分に必要な項目に合わせてオリジナルの手帳を作っています。 イラストが得意でもないし、センスが良いわけでもないので ほぼ黒一色の文字ばかりの手帳なのですが、やり始めると 意外と楽しくなって今年で3年目で…

続きを読む

冷え症の原因の一つにストレスがあります。 ストレスがかかっていても大抵は我慢して過ごします。 そうすると「我慢している状態」が「普通」になってしまいます。 無理している状態が普通になると、身体からの声が聞こえにくく なってしまいます。 ちょっと疲れたな?と思ったらチェックしてみましょう 心身の健康チェック方法 1)起床直後と起き上がって数分後の脈拍数にほとんど差がない 2)気がつくと前のめりにうな…

続きを読む

冷え性の方は隠れ貧血の可能性も! 立ちくらみやめまい、耳鳴りがよく起きる まぶたの裏が白い 頭が重い、またはよく頭痛がおきる 少し体を動かすだけで、息切れや動悸がする 朝、なかなか起きられない 休んでも「疲れた、だるい」と感じる いつも肩こりや腰痛に悩んでいる 食欲があまりない 湿疹ができやすい 喉に不快感があり、おちつかない 子宮内膜症や子宮筋腫があるど診断されている 爪がスプーン状に反り返って…

続きを読む

突然ですが、あなたは朝何時に起きますか? 私は5時半です。 何故かと言うと 尊敬する師匠が「5時半起き」と聞いたから。 師匠に追いつくことは中々出来ませんが 5時半起きなら真似できる! 単純なんです。 お陰で気持ちよく朝陽を浴びるが出来ます。 実はこれは理にかなっていることで 同じ時間に起きることと 朝陽を浴びることは身体のリズムを作るのに とても大切なことなのです。 目覚めて先ずするのが、冷えチ…

続きを読む

サロンにいらっしゃる御客様は 冷えからくる便秘に悩んでいる方が多いです。 オンセラピーでお腹を温めると 「キュルキュル~」「ゴロゴロ~」とお腹が 動き始める音がします。 腸の不調が「うつ」や「不安」の原因に なるといわれています。 身体の上と下に位置して違う相手同士のようですが 強く影響し合いながら動いています。 これを「腸脳相関」と言うそうです。 脳に強いストレスがかかると下痢や便秘をおこします…

続きを読む

本当は身体が冷えている状態なのに 気付いていない方が意外と多いです。 本当に冷えていないのか? 冷え性かどうか先ずはご自身のチェックを してみてくださいね。 □ 夏でもあまり汗をかかない □ 平熱が36度以下の低体温である □ 夜なかなか眠れない □ むくみやしびれがある □ 肩こりがひどい □ 下痢や便秘を繰り返しやすい □ 胃がもたれたり、痛むことがある □ 肌のくすみや肌荒れが気になる □ …

続きを読む

不眠ストレス

サロンでも不眠をうったえる方が増えています。 睡眠は冷えととてもつながりがあります。 不眠はストレスに感じますし、ストレスがあるから不眠に。 寝不足は肥満の基です。 エステティック協会の資料(2016.10 №492)に 「かくれ睡眠チェックシート」がありました。 世界中の医療機関で使われている「エップワース眠気尺度」 (copyrighat.Murray W and Shunnichi Fuku…

続きを読む

健康は心と身体のバランスが取れている状態だと思います。 しかし、生きていると様々な出来事があります。 その中で「健康」であることが、人生を左右することがあります。 どんなトラブルでも「健康」であれば立ち向かうことが出来ます。 「健康」であれば、正しい判断が出来ます。 どんなにそれが辛いことでも「健康」であれば、その後の日々を 健やかに過ごすことが出来ます。 「健康」という言葉にどんなイメージがあり…

続きを読む

冷え症にはタイプがあって内蔵型冷え症の方は 身体の中(内臓)が冷えている傾向があります。 手のひらや足の裏に汗をかく方は、暑がりではなくて 実は内臓が冷えていることがあるのです。 《内蔵型冷え症チェック》 □低体温(平熱が35℃台) □肩こりがひどい □手足がむくみやすい □顔色が悪い □下腹部と脇を触り比べると下腹部のほうが冷たい □寝つき・寝起きが悪い □肌トラブル(肌荒れ・シミ・くすみ・そば…

続きを読む

10/15